ホーム > ニュース > 予防接種制度、及び補聴器購入費用助成等に関する要望書を提出

ニュース

予防接種制度、及び補聴器購入費用助成等に関する要望書を提出

予防接種要望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真) 大臣秘書の方にご対応頂きました。

 

 

 

本日、吉田康一郎政調会副会長、斉藤あつし議員、山口拓議員は、小宮山洋子厚生労働大臣に予防接種制度の見直しに関する要望書(別紙1)、及び、補聴器購入費用助成等に関する要望書(別紙2)を提出しました。要望内容は下記の通りです。

 

 

〈別紙1〉

 

2012(平成24)年6月4日

 

内閣総理大臣 野田佳彦 様
厚生労働大臣 小宮山洋子 様

 

都議会民主党

幹事長 山下太郎
政策調査会長 酒井大史

 

 

予防接種制度の見直しに係る要望書

 


去る5月23日、厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会「予防接種制度の見直しについて(第二次提言)」が取りまとめられました。

 

現在、国から区市町村への助成によって、区市町村において予防接種が実施されている子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの3ワクチンは、予防接種法の対象に追加する必要があるとされ、早期の法改正が見込まれています。

 

現在任意接種として行われているこの3ワクチンが、予防接種法に追加され定期接種とすることは、国際動向や疾病の重篤性に鑑み必要な措置である一方、現在の定期接種は、低所得者分を除く費用は区市町村の支弁により、個人の負担なく実施されていることから、新たに追加された後も引き続き自己負担なく実施できることが強く求められています。

 

また、数多くのワクチン接種による被接種者の負担軽減措置のための複数ワクチンの安全な同時接種や混合ワクチンの開発促進、予防接種の意義やリスクについての最新の知見に基づく情報の提供と啓発、ワクチンの安定的な供給確保なども求められています。こうした点を含めて、提言にもありましたように、中長期的な視点に立ちかつ科学的な知見に基づいて予防接種行政を総合的に推進し、評価・検討していくことが大変重要であり、予防接種に関する評価・検討組織の設置が肝要と考えます。
よって、都議会民主党は政府に対し、下記のことを行うよう強く要請します。

 

 

 

 記

 

 

1 定期接種の財源については、国の責任により確保すること。
2 予防接種に関する評価・検討組織を早期に設置すること。

 

以上

 

 

 

〈別紙2〉

 

 

 

                                                          2012(平成24)年6月4日

内閣総理大臣 野田佳彦 様

文部科学大臣 平野博文 様

厚生労働大臣 小宮山洋子 様

                                                          都議会民主党

                                                  幹事長 山下太郎

                                                      政策調査会長 酒井大史

 

 

中等度難聴児に対する補聴器購入費用助成等を求める要望書

 

 

難聴は、耳の聞こえの程度により、重度、中等度、軽度に分類され、一般的には両耳の聴力レベル(聞き取れる最小の音)が70デシベル程度以上が重度、50デシベル程度が中等度、30デシベル程度が軽度と言われています。

 

中等度難聴児の言語発達や学習には、早期に補聴器を両耳に装用することも含めた教育的介入を行うことが有効であり、早期に補聴器を両耳に装用する必要があると考えられています。

 

ところが、70デシベル以上の重度難聴児は身体障害者手帳の対象となり、手帳の取得により障害者自立支援法による補装具費支給制度を利用することができますが、50デシベル程度の中等度難聴児に対する国の公的助成制度はありません。

 

そのため、両耳で20万円以上にもなる補聴器購入費用、補聴器本体以外の電池やイヤーモールドなどにかかるコストも全額自己負担となっており、経済的理由から装用を断念するケースもあります。

 

また、不十分ながらも聞こえてはいるため、難聴の結果として起きていると思われる言語発達の遅れについて、わが国において十分な検証が行われていません。

 

したがって、早期に補聴を含めた教育的介入を行い、言語発達や学習の遅れを生じさせることのないよう、軽度、中等度難聴児への支援を行う必要があります。

 

よって、都議会民主党は政府に対し、下記のことを行うよう強く要請します。

 

 

 

 

1 経済的な理由から補聴器装用を断念することのないよう、中等度難聴児に対し国において補聴器購入費用助成を行うこと。

2 早期に補聴器を装用しないまま学齢期を迎えた子どもにも適切な支援が行われるよう、難聴児の言語発達の実態を把握し、その対応策を検討すること。

 

 

以上

 

 

 

 

 

                                                          2012(平成24)年6月4日
内閣総理大臣 野田佳彦 様
文部科学大臣 平野博文 様
厚生労働大臣 小宮山洋子 様
                                                        都議会民主党
                                                    幹事長 山下太郎
                                                      政策調査会長 酒井大史
                                        
            中等度難聴児に対する補聴器購入費用助成等を求める要望書
                                        
                                        
難聴は、耳の聞こえの程度により、重度、中等度、軽度に分類され、一般的には両耳の聴力レベル(聞き取れる最小の音)が70デシベル程度以上が重度、50デシベル程度が中等度、30デシベル程度が軽度と言われています。
中等度難聴児の言語発達や学習には、早期に補聴器を両耳に装用することも含めた教育的介入を行うことが有効であり、早期に補聴器を両耳に装用する必要があると考えられています。
ところが、70デシベル以上の重度難聴児は身体障害者手帳の対象となり、手帳の取得により障害者自立支援法による補装具費支給制度を利用することができますが、50デシベル程度の中等度難聴児に対する国の公的助成制度はありません。
そのため、両耳で20万円以上にもなる補聴器購入費用、補聴器本体以外の電池やイヤーモールドなどにかかるコストも全額自己負担となっており、経済的理由から装用を断念するケースもあります。
また、不十分ながらも聞こえてはいるため、難聴の結果として起きていると思われる言語発達の遅れについて、わが国において十分な検証が行われていません。
したがって、早期に補聴を含めた教育的介入を行い、言語発達や学習の遅れを生じさせることのないよう、軽度、中等度難聴児への支援を行う必要があります。
よって、都議会民主党は政府に対し、下記のことを行うよう強く要請します。
                                      記
                                        
1 経済的な理由から補聴器装用を断念することのないよう、中等度難聴児に対し国において補聴器購入費用助成を行うこと。
2 早期に補聴器を装用しないまま学齢期を迎えた子どもにも適切な支援が行われるよう、難聴児の言語発達の実態を把握し、その対応策を検討すること。
                                                                            以上

 

 


ページトップ