ホーム > ニュース > 東京湾及び周辺河川における放射性物質対策に関する申し入れ

ニュース

東京湾及び周辺河川における放射性物質対策に関する申し入れ

都議会民主党は、本日、下記申し入れを末松義規内閣総理大臣補佐官に提出しました。
 
都議会民主党から、山下太郎幹事長、酒井大史政調会長が出席しました。
 
要望内容は以下の通りです。 
   
 
〈別紙〉 
  
  平成24(2012)年2月2日
内閣総理大臣  野田佳彦 殿
環 境 大 臣  細野剛志 殿
国土交通大臣  前田武志 殿
                                                                                              都議会民主党
                                                                                                      幹事長     山下太郎
                                                                                                      政調会長  酒井大史

   
 
東京湾及び周辺河川における放射性物質対策に関する申し入れ

 
 
昨年12月、環境省による放射性物質のモニタリング調査結果で、都県境を流れる江戸川及び旧江戸川の底質から、放射性セシウムが最大1360Bq/kg検出されたことが明らかになった。
 
また、今年1月15日に放送された報道番組の調査でも、東京湾の26か所の海底土の多くは100Bq/kg以下である一方、江戸川と荒川の河口付近では827Bq/kgのセシウムが検出され、そのメカニズムとして、淡水と海水と混ざり合う際の「凝集」という状態が影響していること。東京湾のセシウムが最大になるのは2年2か月後であり、東京湾の汚染は10年以上続くことなどが報じられた。
 
放射性物質は、雨等を通じて、平地から河川に流れ込み、濃度を増しながら移動しており、その実態の把握と除染等の対策は急務であると考える。
 
環境省からは、現在、モニタリング調査の対象外である東京湾や放射線量の高い地域から東京湾に流入する河川についても調査を行う予定であると聞いているが、早急に調査を実施することが必要である。
 
また、放射性物質が、東京湾に流れ込み拡散しないよう、浚渫や除染等の対策や役割分担などをあらかじめ検討・協議するなどして、国のガイドラインが示された段階で速やかに対策が実施できるよう取り組んでいくことが求められる。
 
よって、都議会民主党は、政府に対し、東京湾及び周辺河川におけるモニタリング調査を早期に実施するとともに、速やかに浚渫や除染等の対策が実施できるよう取り組まれることを強く要請する。
                                                                   
 
 
以上

ページトップ