民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

予算要望
平成15(2003)年1月8日

 東京都知事
  石原慎太郎 様

                        都議会民主党         
幹  事  長 田 中  良
政策調査会長 和田宗春

平成15年度予算復活要望書

 先に発表されました平成15年度東京都予算(原案)は、都税収入の減見込みにより、一般歳出において前年度比1,016億円、2.3%減の4兆2,747億円という極めて厳しい内容となっています。財政状況の厳しさは十二分に理解しますが、政府予算が脱デフレにはほど遠い「歳出構造改革なき総縮み予算」となっている中で、各自治体が一斉に緊縮予算を組むことは、デフレの負の連鎖を更に加速しかねないと危惧するものです。都債発行も、11年度までは7千億円台であったものが、過去に大量発行した都債償還のピークを控えているとはいえ、12年度からは3千億円台に急減し、15年度も3,795億円にとどまっています。経済動向如何では都債の追加発行による都民生活に密着した投資的経費の増額も考慮すべきと考えます。

 また、財政上の事情はどうであれ、東京女性財団の廃止に時期をあわせて男女平等推進基金等2基金を廃止することは、知事の政治姿勢に疑問を投げかけさせるものであり、NPO等との連携においても、「NPOへの資金供給の円滑化」が未だ制度化されていないのは残念と言わざるを得ません。

 一方で、私たち都議会民主党の長年の主張であった公会計制度改革については、先に発表された都立学校別バランスシートに引き続いて、15年度新財務会計システム開発、18年度本格実施と更に具体的に進展することになりました。知事の積極的な姿勢は率直に評価したいと思います。
 同時に、緊急の政策課題に対する対応として、中小企業対策、雇用対策、都独自のディーゼル車対策、食の安全対策などの強化策が盛り込まれており、私たちの要望に積極的に応えたものとして評価するものではありますが、なお補強、強化すべき点について、別紙の通り復活を要望します。

 いずれも都民の強い要望に応えるものですので、特段の配慮をお願いします。

以 上 

別 紙

(単位:百万円)

 要望額  復活額
*総務局
市町村振興交付金  2,000  1,000
市町村調整交付金  2,000
特別区都市計画交付金  1,400  2,400
市町村まちづくりチャレンジ事業交付金    500    500
(財)東京都島しょ振興公社貸付金等    560    560
*財務局
財政調整基金への積立
      (男女平等推進基金相当額)
 5,106
*生活文化局
私立専修学校障害児教育事業費補助     14     14
私立学校安全・安心改修事業費補助    692  1,000
*環境局
ヒートアイランド対策・屋上緑化の推進    105
  同      ガイドライン策定調査     30
ディーゼル車対策  2,451
*福祉局
福祉改革推進事業    400    400
高齢者いきいき事業    350    350
家庭的養護の充実     28
女性相談センターの充実
       (心理療法担当職員の配置)
     3
知的障害者生活寮運営費補助     75
だれにも乗り降りしやすいバス整備事業助成    243
だれもが暮らしたいまちモデル事業  3,003
福祉サービス民間事業者融資事業    338
特別養護老人ホーム経営支援事業    100
*健康局
難病医療費助成の対象疾病数拡大      9      9
市町村地域保健サービス推進モデル事業     85
*産業労働局
新・元気を出せ!商店街事業    400    400
輝け!店舗支援事業    100
進め!若手商人育成事業    300     50
とうきょう木づかい運動      3
城南地域ものづくり拠点の整備      9
事業型NPO支援による産業活性化事業      3
*建設局
路面補修  4,030  5,071
みちづくり・まちづくりパートナー事業    310    370
架空線地中化の推進    700
歩道の整備  2,600
      合   計 20,010 20,000

TOPへもどる▲