民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

東京政策
「東京政策2003」 平成14(2002)年9月

T 東京政策の基本方向

U 東京から始まる政治・行政改革
  1. 分権型社会の構築
  2. 行財政改革の断行
  3. 柔軟な広域行政の推進
  4. 新しい議会−行政−都民の関係づくり
  5. 新しい公共性のかたちづくり

V 生活を豊かに
  1. 安定と生きがいを創出する雇用環境の整備(労働)
  2. 個の尊重と男女共同参画社会の実現(人権)
  3. 快適な消費生活・安全な食生活の実現(消費)
  4. 自発的な市民活動を支援(市民活動・コミュニティ)
  5. こころの豊かさを求めて(文化・国際)
  6. 生涯を通じた学ぶ環境づくり(教育)

W 安心の福祉社会を築く
  1. 利用者がサービスを選択できるしくみづくり(福祉政策全般)
  2. ユニバーサルデザイン社会づくり(福祉政策全般・まちづくり)
  3. 高齢者が元気でいられ安心できる環境整備(高齢者福祉)
  4. 障害者が自己実現を果たせる環境整備(障害者福祉)
  5. 都市型ニーズに応じた子育てサービスの整備(子育て・保育、児童福祉)
  6. 患者中心の開かれた医療に向けての改革(医療)

X 新“風”を吹き込む都市東京を目指す
  1. 地球環境に負荷を与えない社会に変える(地球環境問題)
  2. ゴミを資源とする循環型社会をつくる(廃棄物/資源・エネルギー)
  3. 全員で取り組む快適な都市環境づくり(公害/有害化学物質)
  4. 水・緑・風をよみがえらせる(自然環境)
  5. 環境施策の実効力を高めるために(環境行動)

Y 産業を活かす
  1. 「東京の産業政策」の確立(産業政策全般)
  2. 産業を活かす「人財」づくり(人材育成)
  3. 中小企業の自立促進と起業・創業の支援(中小企業対策)
  4. ソフトを含むものづくり産業の競争力強化(ものづくり産業振興)
  5. 観光振興で東京の魅力を全世界に(観光振興)
  6. 商店街を地域の核に (商店街振興)
  7. 自然を活かした農林漁業の再生(農林漁業振興)

Z 疲れない生活都市・しなやかな世界都市
  1. 地域におけるコミュニティを重視したまちづくり(生活機能)
  2. 犯罪や災害に強い安全なまちづくり(防災・防犯)
  3. 地域に合わせた本格的な住宅(住宅)
  4. アジア経済の中枢業務機能を担う産業の集積(中枢業務機能集積)
  5. 快適な交通・円滑な物流ネットワーク(交通・物流)
  6. ブロードバンド先進都市(情報通信)
  7. 歴史・文化・緑と対話する風格ある街づくり(都市文化)
TOPへもどる▲