民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

「東京政策2005」(素案)まとまる

 このほど、民主党東京都連の国会・都議会・区市町村議会の議員が議論を重ね、 東京で議員活動をしていく中で実現するべき政策として「東京政策2005」(素案)をとりまとめました。
 この素案に対する皆様のご意見・ご指摘を受けて、さらに充実させたいと考えています。2005年1月10日までに、率直なご意見を政策工房事務局までお寄せいただければ幸いです。


「東京政策2005」(素案)
  1. 自前の豊かさを実現できる社会(HTML版)(
  2. 自ら決定でき、地域で支え合う安心の福祉社会を築く(HTML版)(
  3. 冷ませ東京!目覚めよ東京!健全な循環都市へ(HTML版)(
  4. 活力の源泉は「人財」!東京の魅力を活かした産業都市(HTML版)(
  5. 安全安心で暮らしやすい文化都市(HTML版)
  6. 都民との協働によって主権社会(HTML版)
     *HTML版は図表が省略されています。
      完全版はPDF版=をご参照下さい。





*「2003東京都知事選挙に向けて(素案)」はこちらをご参照下さい。
*「東京政策2003」(案)は、こちらをご参照下さい。
*討議素材「『2002東京政策』に向けて」は、こちらをご参照ください。

 「工房」とは、本来、画家、彫刻家、工芸家などの仕事場のことですが、都議会民主党が設置する政策工房は、都議会民主党が党内外の研究者、市民、NPO、シンクタンク等の協力を得て、都政に関わる具体的な政策を立案する仕事場です。
 従って、調査・研究・提言を主とするシンクタンクとは異なり、既存の施策、調査・研究・提言を活用して、都政に関わる具体的・現実的な政策を立案し、都政に活かしていくことがその目的です。
 ここでは、それらの検討素材を随時掲載していきます。
 掲載しました素材に関するご意見は、政策工房事務局までお寄せください。

                                       TOPへもどる▲