民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home
談話見解
平成18(2006)年10月10日
北朝鮮による核実験実施
への抗議について
(共同声明)

 北朝鮮は、10月9日、核実験を実施したと発表した。これは、我が国の安全を脅かす許しがたい暴挙である。
 10月7日、国連安全保障理事会が北朝鮮に自制を求める議長声明を全会一致で採択したにもかかわらず、核実験が断行されたことは看過できない。
 我が国は、広島・長崎への原子爆弾の投下により、人類未曾有の悲劇を体験した。また、首都東京も戦禍により、多くの尊い人命が犠牲になったがゆえに、都民は、軍縮、特に核兵器の廃絶を心から願っている。
 しかし、北朝鮮は、これまでも拉致、ミサイル発射などを繰り返し、国際社会のルールや秩序を無視した行動を平然と行ってきた上、今回、核実験を実施した。これは、我が国のみならず、北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大かつ深刻な挑戦である。
 よって、東京都議会は、北朝鮮の核実験に厳重に抗議するとともに、政府においては、北朝鮮が核実験を中止し、6か国協議に復帰するよう、国際社会と連携し制裁措置の強化などの方策をただちにとることを、強く求めるものである。あわせて、政府に対して、環境面への影響の有無についても十分な調査を行い、国民の不安を払拭するよう求めるものである。

平成18年10月10日

東京都議会議長               川島 忠一
東京都議会副議長              木内 良明
東京都議会自由民主党幹事長       宮崎 章 
都議会民主党幹事長            田中 良  
都議会公明党幹事長            石井 義修
日本共産党東京都議会議員団幹事長 吉田 信夫
都議会生活者ネットワーク幹事長    大西由紀子