民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

談話見解

都議会議員定数条例
改正案について
(談話)


平成14(2002)年03月06日

都議会民主党
  幹事長 田中 良

写真:田中良幹事長

 都議会民主党が提案を予定していた「東京都議会議員の定数並びに選挙区及び各選挙区における議員の数に関する条例の一部を改正する条例案」について、本日の議会運営委員会理事会において、松本委員長より「都議会議員の定数等については、都議会を構成する全会派、全議員に関わる問題であり、各会派、各議員において十分協議・検討する必要がある。従って、都議会民主党におかれては、今回の条例案提案は取りやめていただき、今後、各会派、各議員と十分な協議・検討をはかられるよう要請したい。」旨の発言があった。
都議会民主党としては、分権改革の進展にあわせた定数の削減、一票の格差是正を実現するとの立場から、この委員長の要請を受け入れた。今後、しかるべき時期に主要会派に対して具体的な協議を申し入れて行きたい。
 条例案提案については、これらの協議経過をふまえて、改めて判断していきたい。

以 上