民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

News&News

平成14(2002)年04月27日 

第73回メーデー中央式典で
鳩山代表が連帯挨拶

→ 第73回メーデーアピール


写真:メーデー中央式典で挨拶する鳩山代表

 27日、東京・代々木公園で連合主催の第73回メーデー中央大会が開かれ、約10万人が参加(主催者発表)。式典では民主党の鳩山由紀夫代表も来賓として挨拶し、「小泉内閣を一刻も早く打倒しよう」と呼びかけた。

 厳しい経済・雇用状況の中で「首切りNO! 仕事よこせ! 暮らしに安心! 日本に元気!」を掲げて行われた今年のメーデー中央大会の式典には、政府代表の坂口厚生労働相のほか、民主、社民、自由の各党代表、さらにNPO・NGOも初めて参加した。

 政党からの来賓あいさつのトップとして登壇した民主党の鳩山代表は、まず「今年中に政権交代を実現する」と力強く決意を表明し、会場の労働者たちから大きな拍手を受けた。

 鳩山代表は、政府与党が成立させようとしている人権擁護法案、個人情報保護法案、有事法制などについて、「国家の力を強くしていく方向で、私たちが目指す市民中心の政策とは反するものだ」と批判。さらに、昨年のメーデー式典で小泉首相が「私が首相になったことは政権交代と同じ」などと発言したことを引きながら、「政権交代どころではない。小泉政権は、すべての問題について、内容を官僚と抵抗勢力まかせにしている典型的な自民党政権だ」と喝破し、「一刻も早く打倒しなければならない」と明快に述べた。

 民主党東京都連から海江田会長、都議会民主党からは樋口ゆうこ富田俊正初鹿明博花輪ともふみ議員らが参加した。

写真:富田俊正 写真:左から初鹿、花輪、樋口、海江田の各議員