民主党
ニュース
都議会レポート
談話見解
東京政策
政策工房
都政資料
議員紹介
定例会報告
意見書・決議
予算要望
海外調査報告
リンク
Home

News&News

平成12(2000)年10月18日

駅のエスカレータ施設の視察


  写真:エスカレータに車イスで試乗する和田都議 
  エスカレータに車イスで試乗する和田都議


 街の各施設のバリアフリー化を進める活動の一環として、JR三鷹駅のエスカレータ・エレベータ設置事業の完成例を調査しました。平成7年に着工して、合計3基のエスカレータを導入。全体で2億2千万円の経費を三鷹市とJRが50%ずつ負担。市の50%のうち半分を都が負担。維持費、電気代で1年に1基250万円必要という事でした。駅の人工地盤にあがるエレベータもあって、他の駅の参考になるモデル施設のようでした。